茗溪生専門 数理が得意になる授業! 昨年度17名中10名がクラスUP

最新情報はコチラから

テストB対策 予想問題を作りました
単元テスト 100点が現れました


数学の進度は、公立の中高の1.5倍!?

茗溪の進度は速く、中3で高校内容に入ってしまいます。しかも授業テキストは茗溪独自の高度な内容となっています。

苦手になってからでは遅い!?

数学は理解を積み上げていく教科だから、分からない単元はもう1度やり直す必要があります。
けれど「現在の単元」と「過去の単元」を同時に進めることはかなり困難。数学が苦手になる前に勉強のやり方を見直してみませんか?

茗溪専門の理数クラス

1. 茗溪生専用カリキュラム
勉強計画を自分で立てても、計画に無理があったり、つい言い訳をしてサボってしまうことがあります。
イーズではテスト範囲の理解・定着が完了するようなカリキュラムをあらかじめ組んであるので、学習の遅れが生まれません。
2. 少人数レベル別授業
集団授業のデメリットは「付いていけなくなること」。イーズでは少人数・対話形式で授業が進むから全員の理解を確認しながら授業を進めます。分からないことはすぐに質問して解決してください!
3. 予想問題演習
定期テストに出やすく差がつきやすい問題や、大学入試に繋がる重要な問題を厳選して演習を行います。
茗溪専門×数理専門のイーズだからこそできる授業スタイルを確立しています。

開講クラス(茗溪生対象)

1~3年数学クラス

対象:数学を得意にしたい1~3年生

学校課題やテスト勉強の疑問を解消し、類題の演習を数多く行います。自力でやるよりも速く進めることで定期テスト対策を万全にできます。中3は到達度対策も並行します。(週1~2コマ)

4・5年数学クラス

対象:難関理系大を目指す4・5年生

定期テストで「差がつく問題」に絞って解説を行い、学校よりも少し早いペースで進みます。またテスト形式の演習を繰り返し行うので、定期テストでは安定して高得点を取ることができます!(週2コマ)

英語クラス

対象:英語で遅れたくない一般生

毎週の単語テスト・文法演習テストを行い基礎力の向上に努めます。英検対策も可能です。(週1コマ~)

物理クラス

対象:テストで高順位を取りたい5年生

物理でもっとも大切なのは「現象を理解すること」。1つ1つの物理現象を丁寧に見て、理解していくことで、公式や解き方が自然と見えてくるようになります。(週1コマ)

化学クラス

対象:化学を得意にしたい5年生

「理論化学」の理解が不十分だと高3で習う無機・有機はすべて暗記に頼ることになります。化学に苦手意識があるなら、今すぐ対策を始めましょう!(週2コマ)

授業外でも質問し放題
チェックテストで理解・定着を確認
テスト後の振り返り

茗溪クラスの考え方

数学の指導理念や成績が伸びる秘訣が分かります。少し長いですが、しばしお付き合いください。

【指導方針1】数学は90%の理解では足りない

数学の特徴は「急に苦手にならない」こと。誰も気づかないところでゆっくりできなくなっていき、気づいた時にはもう手遅れになってしまう。なぜか?それは「数学の知識はつながっていて、前回の内容の上に新しい知識を積み重ねていく」から。

その週90%の理解をしたとしても、次の週は前の週の90%、つまり、81%の理解しかできていないことになる。これを1か月続けると・・・・。90%の90%の90%の90%で「65.6%」の理解になってしまう。

このころに初めて「あれ?数学がよくわからなくなってきたなぁ」と気づく時期だね。自分でさぼっている自覚が無くても、苦手科目へと変わっていく。これが数学の怖いところ。

イーズでは!!

チェックテストで理解の確認

自分で理解しているつもりでも、実際はそうでないことは多い。イーズでは授業の最初の10分で「前回内容の理解度テスト」を行います。前の内容が100%理解できているかを確認してから授業がスタート。解答は講師がその場で確認。きちんとわかっているかを講師の目で直接チェックします。

【指導方針2】進度を間違えると伸びない

池谷裕二博士(東京大学大学院教授)の著書では、3文字の羅列20個を暗記した直後に、別の文字列10個を追加で覚えると、初めの20個をかなり忘れてしまうと言われています。

これは「記憶の干渉」と呼ばれていて、不用意に記憶を詰め込むと、かえって覚えが悪くなるということを示している。もし自分の能力以上のスピードで勉強を進めようとすると記憶の干渉が起こり覚えられない上にストレスも感じてしまう。

つまり自分のペースで勉強を進めていく勇気と我慢が必要です。イーズでは本人に合わせた進度で定着したかどうかに重点を置き勉強することをお勧めしています。

イーズでは!!

少人数だから授業中に理解を確認できる

授業では記憶の干渉が起こらないように、解説を途中で止めてまで講師が直接、理解を確認しに行きます。その分どうしても進度は遅くなってしまいますが、それを覚悟で理解を最優先しています。これは少人数授業だからこそできるのです。記憶の干渉の例もそうですが、理解せず先に進むことの方が長期的に見て危険なことを知っているからです。

しっかり理解して勉強すれば、数学にセンスはいらない。
イーズの茗溪クラスで一緒に勉強しよう​。

もし少しでも興味を持っていただけたなら、面談形式で詳しくお話しできます。学習のご相談でも
構いません。精一杯お話しさせていただきます。

ひたち野うしく校の茗溪クラスはこちら

ご入会の流れ

お問い合わせ

下記のフォームまたはお電話にて「体験授業を受けたい」、「個別面談に参加したい」と

個別説明会

イーズについてのご説明とお子様の成績を踏まえた最適な学習方法をお伝えします。
※約30分程度

体験授業

気になるクラスはいくつでも体験可能です。自習室も使用できるので自分に合っているかどうか納得してから決められます。

授業スタート

体験授業を受けたその日からスタートすることができます。受講申込のお手続きは後日でも可能です。

お問い合わせ

学習方法や受験に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。